菊の水やり

菊の水やりについて  ―菊の育て方―

菊は古来より日本人に愛されてきた花であり、

高貴な花の代表格でもあります。

その種類は多く、私たち日本人の生活と心情に溶け込んでおり、

菊を見かけない場所はないといっても過言ではないと思います。

そんな、菊を自分で育ててみませんか。


                                             管理人

菊の水やり

菊を管理していくときに主にやることといえば水やりになる
のですが、これは一般の園芸植物の管理でよく言われている
土の表面が乾いているなと思った時にたっぷりと水をやると
いう方法になります。


タイミングが遅れると水が足りなくなって枯れてしまいます
ので、とにかく乾いたら水をやるということに注意してくだ
さい。


育てている時につぼみが出てくると思いますが、蕾が出てき
たら水が必要になります。


菊は蕾から花が咲くまでは切れ目なく水を必要とする植物だ
と覚えておいてください。


また、花が咲いてからも水切れにならないようにしっかりと
与えるようにします。


花の状態と水分は綿密な関係があって水分が足りないと花が
散りやすくなってしまうという原因にもなってしまいます。


なので花が咲いてからも水はしっかりと足りるようにあげて
ください。


水をあげるときは根元に水が行くようにあげます。上からか
けると場合によっては病気になってしまう可能性もあります
ので根元に水をかけるようにするとよいでしょう。


普段は乾いてからたっぷりと水をやるというのが基本ですが、
冬の場合は菊も休眠しています。


なので冬の時期は一週間に一回ぐらいという水遣りをしまし
ょう。そして冬の場合は夜間に水をやらないようにして日中
のある程度気温が上がってからにしてください。


スポンサード リンク