菊の植え付け

菊の植え付けについて  ―菊の育て方―

菊は古来より日本人に愛されてきた花であり、

高貴な花の代表格でもあります。

その種類は多く、私たち日本人の生活と心情に溶け込んでおり、

菊を見かけない場所はないといっても過言ではないと思います。

そんな、菊を自分で育ててみませんか。


                                             管理人

菊の植え付け

菊の植え付けをするにはまず土を準備します。


菊の種類の場合、多くは酸性で育つことを好みますので、土
も弱酸性の状態にしてあげるとよく育ってくれます。


コンクリートなどが近いとアルカリ性寄りの土になってしま
うということなので、もし土がアルカリ気味かもしれないと
思ったら鹿沼土を混ぜるようにすると弱酸性よりになってい
きます。


また、腐葉土を混ぜてあげると良いでしょう。


土を買うという場合は菊用の土なども販売されていますので
こういった土を買うようにします。


植える場所、管理する場所ですが、水はけが良い場所に植え
てあげてください。風通しも良いほうが更に良いでしょう。


そして菊は日照時間がとても大事です。


あまり日が当たらないところでもせめて3時間ぐらいは日が
当たるような場所で栽培したほうが良いでしょう。


鉢などに植えるときは背が高くなりすぎないように切り戻し
なども必要な場合があります。


こういった条件で植え付けをしてあげた後は水遣りに注意を
します。


水不足にならないように水遣りはしっかりとあげましょう。
月に一回ぐらい肥料をあげたほうがいいのですが、このとき、
即効性がある肥料は避けるようにしてください。逆に元気が
なくなり枯れる恐れすらあります。


スポンサード リンク